モノマガジンにて

型は江戸時代以前にもあったとされる信玄袋。外出用小物入れとして、よく使用されたのは明治中期の頃これは大正時代の高級品 治10〜15年くらいの博覧会に出展された、手堤丸型カバン。把手に口金式のあたりが、現在のハンドバックの原型のようである での移動に用いられたキャビントランク。これはドイツ・メドラー社の製品で、ファイバーの表面に防水加工された画期的なもの 治から昭和初期にかけて、大臣や議員がシルクハットをよくかぶっていた時代を象徴するハットケース。制作には高度な技術を要した

治中期、大割れ(トランク)の需要が高まり、明治30年には国産初のスーツケースも登場。これは明治36年に作られた大型トランク 作技術が大きく飛躍した明治後期、手箱(アタッチケース)が流行、把手や金具部分と、現在とあまり変わらないことに驚く 掛胴乱の紐を取り除き、把手をつけたようなボストンバックは、当時ドル型カバンと呼ばれた。大正14年にはレザークロス使用も

正から昭和にかけて庶民の移動や旅行には欠かすことのできなかった柳行李。持ち運びあるいは手荷物として送ったりもしていた 和10〜20年代、医者が診察などに持ち歩いた、ドクターバック。まちが広く、しっかりした作りのこのタイプは、愛用者が多かった 陸軍士官用の図嚢(ずのう)肩からななめがけにしている姿が思い浮かぶことだろう。ショルダーバックの原型ともいえる なぎの皮で作られた書類入れ、戦時中は、一般向けの表皮使用は禁止されていたため、代用品としてうなぎやアザラシ、ヘビを使用

和28年に初めて登場したナイロン製のスポーツバックは、センセーションを巻き起こした。東レ・ナイロン使用のツイル格子バック ーツケース第一号は昭和35年に輸入。今でこそスーツケースといえば縦型でキャスター付きが主流だが、当初は横型で持つタイプ ジソン・スクウェアーバックは、昭和43年発売以来、7年で2000万個を突破した大ヒット商品。カバンに英文字を入れたのは初


銀座中央通りに位置し、素材、品質の良さで定評のある「銀座タニザワ」創業は明治7年、この創業者・谷澤禎三氏が「」の文字を作った張本人である