豊岡かばんの流れを変えた人々

成田広吉
京極伊勢守高盛
舟屋良平
八木長右衛門
遠藤嘉吉郎 1862〜1934年
服部清三郎 1872〜1935年
宇川安蔵 1872〜1935年
植村賢輔  1893〜1971年
奥田平治 1874〜1940年
瀬能金造
松本 孝
森本幾太郎 成 田 広 吉
増田春雄 江戸で武家奉公をしているとき、門前にあった細枝をもちいて飯行李を作った。帰郷後、その経験を生かし、荒地を開いて杞柳を栽培して、1636年に柳行李を最初に製造したと言われている。
伊地智三郎右衛門
作花良七
伊庭三樹
西垣清一 1914〜
足立栄蔵  1895〜1968年
山下庄一 1894〜1965年
尾崎豊一 1903〜1973年
加嘉実太郎 1894〜1979年
秋山教一 1907〜1972年
澤井正武 1924〜1984年