豊岡かばんの流れを変えた人々

成田広吉
京極伊勢守高盛

舟屋良平
八木長右衛門
遠藤嘉吉郎 1862〜1934年
服部清三郎 1872〜1935年
宇川安蔵 1872〜1935年
植村賢輔  1893〜1971年
奥田平治 1874〜1940年
瀬能金造
松本 孝
森本幾太郎

西 垣 清 一

増田春雄 昭和13年頃、むしろ織りにヒントを得て行李編織に不向きであった太柳を割柳にして連続長尺に織りあげて、規格寸法に裁断し、特製ボール紙に張り合わせる方法により大量生産に成功する。収納した衣服に柳の編み跡が付かないため好評で「文化行李」と呼ばれ広く販売された。昭和16年「割柳行李をファイバー補強」を創案する。
伊地智三郎右衛門
作花良七
伊庭三樹
西垣清一 1914〜
足立栄蔵  1895〜1968年
山下庄一 1894〜1965年
尾崎豊一 1903〜1973年
加嘉実太郎 1894〜1979年
秋山教一 1907〜1972年
澤井正武 1924〜1984年