豊岡かばんの流れを変えた人々
成田広吉
京極伊勢守高盛

舟屋良平
八木長右衛門
遠藤嘉吉郎 1862〜1934年
服部清三郎 1872〜1935年
宇川安蔵 1872〜1953年
植村賢輔  1893〜1971年
奥田平治 1874〜1940年
瀬能金造
松本 孝
森本幾太郎

宇 川 安 蔵

増田春雄
明治42年、ドイツ製の籠を参考に、底編にたてりを差し、籐を巻き上げて、合口を付けた「バスケット籠」を創案する。大正8年「宇川式提籠」を大正14年「線入半割籐編込提籠」を創案する。
当時、杞柳製品の名工といわれ、パリ現代美術工芸万国博覧会で国際賞を受賞している。
また、大正に入ってまもなくの頃、本籐製の鞄も創作しているが、実に凝ったものですぐれた1個の工芸品としての価値を持つものであった。
伊地智三郎右衛門
作花良七
伊庭三樹
西垣清一 1914〜
足立栄蔵  1895〜1968年
山下庄一 1894〜1965年
尾崎豊一 1903〜1973年
加嘉実太郎 1894〜1979年
秋山教一 1907〜1972年
澤井正武 1924〜1984年